異業務を一体化した呼称

マンション

名前は似ているが業務内容は異なるのが特徴

アセット・プロパティマネジメントはアセットマネジメントとプロパティマネジメントを総称して呼んでいるもので、基本的には両者が担う業務内容は異なります。アセットマネジメントは投資用の資産を持っている所有者や投資を行っている投資家に代わって、様々な投資対象となるものの代行管理をするのが主たる業務です。すなわちアセット・プロパティマネジメントの「アセットマネジメント」は、株式や債券、投資用不動産などの投資を代行管理することを表しています。アセット・プロパティマネジメントのもう一つの業務を指す「プロパティマネジメント」は、株式や債券などの管理は行わず不動産に関する資産管理だけを行うものです。投資用の不動産を所有している所有者から依頼されて不動産の代行管理を行ったり、すでに不動産管理を任されたアセットマネジメント会社から依頼を受けて業務にあたります。不動産を管理していくためには様々な収益や賃料を得なければならず、これらの仕事を所有者に代わって行うのがプロパティマネジメントの主な役割です。空いているスペースにテナントの誘致を行い、誘致が決まれば賃料や公益費などについての交渉や賃貸借業者の代行を務めます。テナント入居後は毎月賃料や公益費などの請求と回収を実施し、トラブル発生時には速やかな対応にもあたらなければなりません。投資用不動産は不動産所有者やアセットマネジメント会社に対し、プロパティマネジメントレポートを定期的に提出する義務を負います。アセットマネジメント会社に投資管理を代行した人の保有資産の中に不動産も含まれている場合、プロパティマネジメントから報告されたレポートに則ってアセットマネジメント会社が報告します。このような流れを経ることもあって、両会社は「アセット・プロパティマネジメント」と総括されるのが特徴です。